ArtWork

2012年06月06日

議会運営委員会

西垣一郎公式ホームページへは下記をクリック!
http://www.nishigaki-ichiro.com /
フェイスブックにて友達募集中!


179966_300338266727247_100002532279686_704903_1705729441_n.jpg

こんにちは、西垣一郎です。

4日(月)午後は議会運営委員会へ出席。

来週月曜日に開会される6月議会の提出予定議案や会期日程、議会改革関連で請願・陳情者の発言の扱い、本会議の一問一答制や常任委員会の通告制・持ち時間制等について協議しました。

それにしても、次から次へと難しい問題が発生してきます(汗)

特に気掛かりなのは、我孫子市の焼却灰処理の一時停止問題。

新聞報道の通り、焼却灰処理の8割を委託している業者より焼却灰の受入を一時停止されました。

今後の対策は以下の通りです。

(1)焼却灰の放射能数値を下げるための措置

放射能の上昇原因は、草の焼却が起因すると思われるため、6月1日より分別収集し、草の焼却を行わない。

(2)可燃ごみの焼却を止めない措置

一時保管として焼却灰のストックヤードの灰を場内にコンテナ、フレコンパックに詰め移動し保管する。

(3)灰の処理方法の変更

@埋め立て処分

現在不燃物を処分委託している茨城県北茨城市の業者に処分委託を依頼したところ、1月程度(500t)程度であれば受入を得られたが、北茨城市が難色を示した。

Aリサイクル

長野県小諸市にあるリサイクル業者は、基準をクリアできれば搬入量の制限はなく受入が可能。
受入基準として、第一に混合灰での放射能濃度が2,500ベクレル以下。第二に飛灰、主灰別に放射能及び重金属等の溶出検査を行い溶出しないこと。

長野県の業者が受入可能かどうかは6日(水)中に判明します。

一時停止されてから、市として他1社への増量要請、他の業者を紹介するよう要請、埋め立ての検討、民間可燃ごみの焼却事業者の模索を行ってきましたが、結果として緊急対応出来る対策は取れませんでした。

皆様には冷静な対応とごみの分別収集の徹底をお願い致します。

posted by 西垣一郎 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする